銀行で借入の一本化を図る|即日融資の需要が高まっている!カードローンで緊急事態も回避!

即日融資の需要が高まっている!カードローンで緊急事態も回避!

銀行で借入の一本化を図る

銀行のローンでおまとめローンとして使うには、カードローンを申し込む方法とフリーローンや多目的ローンを利用する方法があります。両者は、消費者金融や信販会社で用意されているおまとめローンと比べて、金利が低く優遇されていることが人気の理由です。 金利が低い分、銀行の審査基準は厳しい場合があります。しかし、銀行の中には、個人的な用途で利用すれば使い道は問わないことから、おまとめローン目的の利用を認める動きが活発ですし、パートやアルバイトの方でも、返済が可能な範囲内で貸付を認めると明言する所も増えてきました。 貸金業では利用ができない専業主婦や主夫の方にも人気があります。配偶者に安定的な収入があれば借入の申込を認める銀行もありますし、配偶者の会社への在籍確認や、所得証明などの提出が必要ない銀行もあり、家族に心配をかけたくない方にも利用しやすいでしょう。

銀行のローンをおまとめローンとしてカードローンを利用する場合には、申込をする時に利用目的をおまとめ目的として記載することが多いです。平均して、4社以上に渡る場合や、総量規制を大幅に超える借金をしている場合には、希望額に届かなかったり、断られることもありますので、注意してください。借入金額が大きくなるほど、低金利に優遇されますので、おまとめローン目的で利用すると、金利負担が少なくなる可能性が高くなります。 銀行のフリーローンや多目的ローンは、カードローンのように何度も借入が出来ずに、融資の全額が口座に振り込みされます。返済専用のローンとなるため、銀行側の貸付リスクが少なく、カードローンよりも融資額が高めで、金利が低めの傾向があります。カードローンの審査に落ちた方でも、同じ銀行のフリーローンや多目的ローンには通る場合があるので、諦めないようにしましょう。